vCard変換エクセルマクロ について

ご利用有難うございます。アドレス帳一覧(エクセル)⇔vCard(vcf)に交互変換するエクセルマクロです。
※重複アドレスがあっても上書きはされません。
※iPhone用ですが、Androidでもご利用できます(一部変換できません)。
※ライセンスキー未入力(フリー版)では4件まで抽出出来ます。

動作環境

Windows10/ Excel 2016/ iPhone/ IE,Chrome(ライセンス認証用)

使い方(vCard(vcf)→アドレス一覧(エクセルシート))

1.iCloud(https://www.icloud.com/)からアドレスをエクスポートして下さい。
 ([連絡先]→[歯車マーク]→[すべて選択]→[歯車マーク]→[vCardを書き出す])
2. マクロ実行ボタンを押してください。
3.【ファイル名選択(.vcf)】を押してエクスポートしたvcfファイルを選択して下さい(図1-②)。
4. 読み方をひらがなにする場合はチェックを入れてください。
5.【実行(vcf=>excel)】を押してください(図1-①)。
6.「抽出完了」が表示されたら、【OK】をして完了です。
7.「アドレス帳一覧」シートに結果が表示されますので必要に応じて修正してください。
※vCardバージョン、携帯機種により正しく読み込めない場合があります。
※有料版の読込データは4000件です。それ以上を扱う場合にはご連絡下さい。
※「アドレス帳一覧」シートに記載されている項目以外は抽出できません。
※複数件ある場合はAZ列(リスト外データ)に記載されていますので、必要に応じてアドレス帳一覧を修正してください。

使い方(アドレス一覧(エクセルシート)→vCard(vcf))

1.「アドレス帳一覧」シートにアドレス帳情報を記載してください。
2. マクロ実行ボタンを押してください。
3.【実行(excel=>vcf)】ボタンを押すと vcfファイルが生成されます(図1-③)。
4. 生成されたvcfファイルをメールでiPhoneに送付 または iCloudでインポートして下さい。
(メール:添付ファイルをタップ→「連絡先にコピー」送る→「すべての連絡先を追加」→「新規連絡先を作成」)
(iCloud:iCloud→「歯車マーク」→「vCardのインポート」)
※名前(姓)に空欄があると項目名を全て拾えません。
※ファイルは1000件毎にファイルが分割されます。
※iPhoneの連絡帳を全て消すには別のアプリをご利用ください。

使い方(ユーザー登録)

ライセンスキーを購入後、ユーザー登録をして頂く事でライセンスキーがアクティベートされます。
1. マクロ実行ボタンを押してください。
2. 【ユーザー登録画面】ボタンを押してください(図1-④)。
3. ライセンスキー、注文番号(BOOTH事務局からのメールに記載)を入力して下さい。
4. 【ユーザー登録】ボタンを押すとライセンスキーがアクティベートされます(図2-①)。
※アクティベートまで2,3分かかる場合があります。
※IEまたはChromeがインストールされていない場合には、UID、ライセンスキー、注文番号を弊社までご連絡ください。

アップグレード

・試用期間後、継続して使用したい場合にはライセンスをご購入をお願い致します。
カード決済(BOOTH):600円/1ライセンス(税込み、決済手数料込み)
  【お詫び】現在、購入はBOOTH(ブース)での一元管理とさせて頂きました。        お客様にはご不便をお掛けして申し訳ございませんがご理解をお願い
       致します。
・1ライセンスで1台のPCにインストールして使用できます。
・今後の更新版も追加料金無しでご利用いただけます。
・ライセンス購入は、ユーザーサポートや今後のバージョンアップを保証するものではあ
 りませんので現行バージョンの機能や操作性等を充分に納得された上でご購入下さい。
・製品の改良等のため仕様は予告なしに変更することがありますのでご了承ください。

ご意見、ご質問 等

・ご意見・ご感想を送って頂けると幸いです。

 

ダウンロード